Creators

RAB(リアルアキバボーイズ)

RAB(リアルアキバボーイズ)

世界最高峰のアニソンダンスエンターテインメント集団!
ワールドクラスのブレイクダンスとアニメソングを鋭角から捉えるユニークアイデアをもって、新たなアニソンの楽しさを創出するダンスクリエイティブをみせつけたWEB動画では総再生5000万再生を保持。さらに、アニメ公式動画、テレビ出演など、動画投稿から世界を変える!唯一無二のアニソンパフォーマンスユニットである。

生田鷹司

生田鷹司

声優 生田鷹司

高校時代にギター、ベース、打ち込みを始める。
地元の高知ではGt&Voとしてバンド活動を続ける。
一度は保育士として就職するも、音楽の道を諦めきれず
2014年より本格的に音楽活動をするため上京。

アニメ・ゲーム音楽の作編曲を数多く手掛けている作曲家 堀江晶太と共に
ロックバンド「PENGUIN RESEARCH」を結成し、Vo.として活動中。

音楽活動のみならず、幼い頃からアニメやゲームが好きだった事をきっかけに
声の演技にも興味を持ち、現在、声優としての活動にも日々励んでいる。

PENGUIN RESEARCH

PENGUIN RESEARCH

声優としても活動するVo.生田鷹司と
アニメ・ゲーム音楽を中心に数多くのアーティストへの楽曲提供を手掛けるBa.堀江晶太を中心に
結成された5人組ロックバンド。
2014年活動開始!

Vo.生田鷹司
Ba./Composer 堀江晶太
Gt.神田ジョン
Dr.新保恵大
Key.柴﨑洋輔

南方研究所

南方研究所

南方研究所

2010年、ボーカロイドP「ハチ」のMV制作をきっかけに組成。
イラストCG、壁画、ライブペイント、アニメーション、ミュージックビデオ等
ビジュアルデザインの研究と制作を行う。

しおひがり

しおひがり

しおひがり
チープアーティスト


自らを”チープアーティスト”と名乗り、ポップでどこかメッセージ性のあるイラストや1ページ漫画等の作品を発表。普遍性と特異性の間をゆらめく作風で人気を博している。


純文学的なのか、大衆的なのか、彼の描く世界観、思想、キャラクター達、台詞、画風。
それら全てが「しおひがり的」であり、全てを以ってして作品となる。


次々と発表される作品を見れば見るほど
「しおひがりってなに?」と知りたくなる「ちょっと変」なアーティスト。

NOB-C

NOB-C

イラストレーター / キャラクターデザイナー / グラフィックデザイナー。

ぬくもりあるイラストや、細部にこだわった繊細なグラフィックを得意とするクリエイター。
美術大学在学中から大手レコード会社のCDジャケットデザインを手がけ、
最近ではゲームキャラクターのデザインなどに力を入れている。

2015年には自身がキャラクター原案を務めるアニメ作品の放送が開始するなど活動の場を拡げている。

カヨコ

カヨコ

「ただのオタクですが、勇気を出してロックやってます」

シンガーソングライター/作詞曲家。
生々しい感情や切なさを突き刺すような言葉で感情的に唄う反面、背中を押し包みこむような優しさも表現する力強いステージでライブ活動を精力的に行っている。
力強いメロディと幅広いソングライティング力が評価され、自身のアーティスト活動以外にも作曲家として
アニメ主題歌提供(「ソードアート・オンラインⅡ」ED作曲、「SHIROBAKO」主題歌作曲)や、アーティストへの楽曲提供(LiSA、三澤紗千香 etc)もおこなっている。

加東 岳史(カトウ タケシ)

加東 岳史(カトウ タケシ)

演劇ユニット「GAIA_crew」代表、脚本、演出家。

3歳から劇団ひまわり入団、子役中に映画「時をかける少女」「さみしんぼう」「少年時代」出演、
またNHK教育「さわやか三組」初代レギュラーを務める。
専門学校卒業後東映アカデミー研修所入所、その頃から女優浜木綿子の付き人として舞台に多数参加。
2006年に演劇ユニット「GAIA_crew」旗揚げ。

「水樹奈々新宿コマ座長公演 水樹奈々大いに唄う『歌姫華仕置 疾風の奈々参上!』」
「水樹奈々新宿コマ座長公演 水樹奈々大いに唄う2『異説龍馬維新伝』」脚本、演出を担当。

劇団V「アスノーヴァ?皇国の継承者?」にて演出担当
みみめめMIMIノベライズ企画「憧れパンデミック」執筆

2014年、GAIA_crew本公演「ハラカラ・コエダス・レクイエム」でグリーンフェスタベースシアター賞受賞。
また、イベント運営統括やDJとして超都市型レイブイベント「Re:animation」などの大型イベントにもかかわっている。

岸田教団&THE明星ロケッツ

岸田教団&THE明星ロケッツ

岸田(Bass)    ・・・首謀者。たのしくいきてる。
ichigo(Vocal)   ・・・あまり細かいことを考えていないようだ。
はやぴ〜 (Guitar) ・・・かわいいものにひたすら甘いところがある。
みっちゃん(Drums) ・・・よくたべる。

分島花音

分島花音

分島花音(わけしま かのん)
シンガーソングライター、チェリスト、イラストレーター、衣装デザイナー
3歳からチェロを始め、クラシック音楽とともに育つ。表現する、伝えるということに強い想いがあり作詞作曲を行う。イラスト創作活動も積極的に行いCDジャケットなどのイラストやTCGカード等描いている。作詞、作曲、衣装デザイン、イラスト創作と多彩な才能を発揮するアーティストとして、その才能に女性をはじめ広範な層や世界各国から支持されている。
2008年にデビュー。デビューするとその世界観から海外でも注目を浴び、アメリカやヨーロッパ、アジアにて開催されるコンベンションに多数出演 2011年にはヨーロッパ7カ国・10都市でのヨーロッパツアーを行う2012年は国内でのライブ活動を精力的に行い、アニメソング主題歌、ゲームの挿入歌を担当するとクラシックの基盤のあるシンガーソングライターとして才能を発揮 2014年4月「killy killy JOKER」(TVアニメ『selector infected WIXOSS』OP)、10月「world’s end, girl’s rondo」(TVアニメ『selector spread WIXOSS』OP)をリリースするとこれまで分島花音の世界に触れたことがない多くのリスナーにも届き、好セールスを記録。2015年にリリースしたアルバム「ツキナミ」は、『分島花音』というアーティストを曲・詞・ビジュアルコンセプトも含め明確に提示した1枚となっている。 
他アーティストへの詞や曲の提供なども行い活動の幅を広げている


[Kanon Wakeshima bio]

Kanon Wakeshima has a myriad of titles to her name: Singer and songwriter, cellist, illustration artist, costume designer. She grew up immersed in classical music, first learning to play the cello when she was only three years old. She started writing lyrics and music soon after recognizing her inner passion for the expression of ideas and the power of music to speak out. She has also enthusiastically pursued her talents as an illustration artist, creating her own album artwork and contributing art for trading card games. Her multiple and varied talents have won over the hearts of admirers, male and female and from around the globe.

She made her major label debut in 2008, and immediately her uniquely themed appearance gathered worldwide interest, resulting in invitations to perform at multiple global conventions in the US, Europe, and Asia. A tour of 10 cities in 7 European countries for the year 2011 was a huge success, and 2012 saw focus on her gigs within Japan and creating theme songs for TV animes and video games, putting her classical music training to good use. Her singles, "killy killy JOKER" in April and "world's end, girl's rondo," the opening theme for TV anime "selector" series in October 2014 served as a breakthrough to new and wider audiences and has enjoyed good record sales.

2015 marked the release of Kanon's long-awaited third album, "Tsukinami," a bold declaration of Kanon Wakeshima, the artist, in expression of her original music, lyrics, and visual image. She continues to grow and produce creatively through writing theme songs for anime series as well as long film versions of anime, and providing lyrics and music for other artists. Her largest nationwide tour "Unbalance By Me" is scheduled through 2016, with plans to release a special tour exclusive single and merchandise, only available at the venues.